フリーランスの定義と主な仕事とその大変さ

サラリーマンなら時間や場所に縛られる事がない働き方として流行りのフリーランスに憧れを抱かれた事があるでしょう。
フリーランスは会社に属さずに、1人で仕事を行う人の事で、一般的には仕事の案件毎に企業などから仕事を受注して行う人を指しており、会社との関係を表現する言葉と言えるでしょう。



これに良く似た言葉として、個人事業主と言う区分もありますが、個人事業主と言うのは納税に関連して法人と区分する言葉です。従って、会社組織を作って活動している人以外の多くのフリーランスは、税法上は個人事業主と言う事になり、法人の事業所得ではなく、個人の事業所得として申告する事になります。
このように定義されるフリーランスの仕事は、ライター系、デザイン系、IT系、販売系、エンタメ系の5種類が現在では主な仕事と言えます。それぞれ、企業などと独自に交渉したり、ネットを活用したりして仕事を確保する事が必要なため、関連の仕事を委託されてこなスキル以外に、仕事を確保するためのスキルやチャンネルを持たなければ、収入を上げる事が出来ないと言う厳しさを持った仕事のスタイルなのです。



サラリーマンは人に遣われ、組織に縛られ、自分の思い通りに自由に仕事ができない大変さはありますが、そうした大変さに耐えて仕事をこなすスキルを持っていれば、確実に収入を得る事が出来ます。しかし自由に憧れ、サラリーマンから独立してフリーランスを目指すなら、憧れだけではなく、必ず収入を得られるという保障がない大変さを十分に認識して転身すべきです。