フリーランスでの仕事の獲得方法とは

フリーランスとして働く以上は、仕事を自分で獲得する必要があります。



会社勤めをしていた頃は、与えられた仕事に取り組むことで評価され、収入もその成果に応じて決まるものです。けれどもフリーランスとなると、まずは自分からアプローチしてクライアントを探し、仕事を得る活動が必要になります。
そしてその成果に応じて継続して仕事をもらったり、あるいは報酬単価を高めたりすることになります。

全ては自分の活動次第というわけです。



まずは一般に募集されている案件に応募して指名してもらうことから始めます。実績を積むことによって、次第に得られる仕事も増えてきますし単価も高いものを選べるようになります。

ある程度の実績ができれば、次は直接クライアントに営業をかけて仕事をもらう活動を行います。
上手くいけば報酬も交渉して高く設定することが可能となります。

また自分のサイトを立ち上げて、活動記録をアップするのも有効です。



その仕事を見て、直接依頼を受けることもできるようになるからです。


このようにフリーランスは、いかに工夫してクライアントの注目を集めるかを考える必要があります。


自分のブランディングを行うことで、市場価値というものをアピールすることも必要です。
単価の安い仕事を大量にこなしていても、なかなかスキルは高まらないものです。

そこでまずは常に単価を高めることを意識して、専門性の高い仕事の品質も向上させることも大切となります。