フリーランス で働くことのメリット

組織に所属せず、好きな時間に好きな場所で働けるのがフリーランスの魅力です。「フリーランス」という言葉はここ数十年の間に普及した言葉で、社会の多様化と同時に出現・浸透していきました。多くの人にとって常識だった自宅と職場を行き来する働き方を止め、自分らしい生き方・働き方を追求する人は年々増え続けています。

フリーランスの最大のメリットは、組織のルールに縛られず働けることです。会社員のように朝早く出勤する必要がないので、時間に神経質になることが減りますし、通勤ラッシュによるストレスから解放されます。



誰からも雇われていないので、平日・休日の設定が自由で、具合が悪い時は自由に休むことができます。



体が弱い人や子育て・介護で忙しい人も、自分の都合で働くことが可能です。

実際、仕事と家庭を両立するためにフリーランスを選択する人は多く、主婦業の合間に自宅で仕事をする女性は国内に大勢います。



組織に属さないので、上司や同僚に気を遣ったり、リストラを心配する必要がありません。

対人関係でトラブルやストレスを抱えることがないので、人と接するのが苦手な人には特におすすめです。

フリーランスという働き方は、メリットだけでなくデメリットもあります。毎月の収入が不安定で、体調を崩して休んでしまうと無給になってしまいます。

就業時間に制限がないので、働き過ぎて体を壊してしまうことが少なくありません。
そのため健康管理を含めた自己管理が非常に重要になります。